Member's Voice

跡地 淳太朗 Juntaro Atochi
ディレクター
Profile

武蔵野美術大学、東京藝術大学院にて撮影や照明技術などを学んだ後、広告制作会社に入社。フォトグラファーに師事しながら映像や写真を撮る。その後フリーランスとして映画制作やWeb動画広告の制作に携わる。2017年、Viibarに入社。ディレクターとして、動画メディア開発事業に従事。

映像制作を愛し、業界の働き方を変える会社に興味を持った

ーー経歴を教えてください。
 
武蔵野美術大学で映像を専攻した後、撮る技術を磨くために東京芸大の大学院で撮影と照明を学びました。就職の際は、広告の映像でさらに高い技術を学ぼうと考え、広告制作会社で映像も写真も両方撮るフォトグラファーのチーフとして従事していたんです。その後、趣味の映画制作に集中するためにフリーランスになり、1年の半分は映画をつくり、半分は動画広告の制作をするなどしていました。


ーーViibarに入社した理由を教えてください。

フリーを3年半ほど続けたときに、結婚と娘が産まれるという転機が訪れて。それと同時に、将来的な働き方を考え始めた中で、「Vync」で広告・映像制作業界の働き方を変えようとしているViibarに興味を持ちました。

僕はCMや動画広告を作ってきたので、メディア事業をやることにギャップも感じましたが、会社への興味がそれを上回りました。新しく携わる事業の中で見つけられることもあると思ったし、今までにないスピード感ある環境も楽しみでした。まろやかな人柄のメンバーが多いのですぐに馴染めたり、雰囲気もいいし、教え合う環境は整っていると思いますね。

ゼロからの動画メディア立ち上げ

ーーメディア開発のディレクターについて教えてください。

現在は朝日放送グループのABCフロンティアホールディングスと共同でDIY動画メディア「LYKKE(リッケ)」を立ち上げ、その担当ディレクターを務めています。メディア名を決めるところからジョインして、ロゴやモーションもみんなで考えながら作ってきたメディアです。

動画コンテンツの撮影とディレクションや、できる場合は編集もやります。企画はネタのストックがあって、それを構成して一つのネタを作ることもします。


ーー動画メディアを立ち上げる際の楽しさはなんでしょうか。

ゼロベースから作っていく、なんでもありの感じが楽しいです。LYKKEのテーマはDIYだけど、料理もあるし、化学実験もあるし、おもちゃを作ったりもします。何より、仕事のスピード感がすごいんです。トライアスロンみたいな。別のことを同時に走らせながらやるという面白さは初めて経験しました。

映像を楽しんでいれば「異業種」はない

ーーどんなことにやりがいを感じますか?

PDCAサイクルがすごく早くて、数字として人の反応が見えてくるのが、映画やCMではなかったことなので興味深いです。人が何を見ているのかを知って、それを踏まえて次は何を仕掛けようかと考えるのは非常に面白くて。その時期に人は何に興味があるからなどと、ユーザーに役立つ情報を提供していけること。そういうところに意義を見出してきました。


ーーメディア事業部で一緒に働きたい人のイメージを教えてください。

異なるバックグラウンドの人が沢山いたほうが、Viibarはより面白いと思うので、自分はまったくの異業種だなーと感じている人にこそ来て欲しいです。映像を楽しんでやってきた人であれば、「異業種」って概念はないと思うんです。多様性を受け入れてくれる環境なので、ぜひ一緒にいいものを作りたいですね。