Management
経営チーム

代表取締役CEO
上坂 優太
テレビ制作会社にてドキュメンタリー番組のディレクターを経て、2009年楽天株式会社に入社。楽天市場及び楽天グループ全体のマーケティングに携わる。2013年、株式会社Viibarを創業。
取締役COO
高橋 俊輔
2008年NHK(日本放送協会)に入局。番組ディレクターとして、ドキュメンタリーやニュース番組の制作を経て、SNSとテレビを融合させた番組開発に携わる。2014年Viibarに入社後、動画メディア事業の立ち上げを担当。動画メディア「bouncy」の運営や大手メディア企業の動画事業支援を推進。2018年に取締役就任。
取締役CFO
宮坂 大介
應義塾大学法学部政治学科卒業。バイサイドアナリスト、企業再生コンサルタント、M&Aアドバイザリーを経て2008年にリクルートに入社。M&AやPMIの執行、金融子会社の再建に携わる。またグローバルIPO等の資金調達・資本政策や財務戦略を牽引。2015年からは野村證券の投資銀行部門でTMTセクターの次長として大手インターネット企業を中心としたファイナンス案件等を手掛ける。2018年8月、取締役CFOとしてViibarに参画。
社外取締役
高宮 慎一
グロービス・キャピタル・パートナーズ(GCP)パートナー/Chief Strategy Officer。GCPではインターネット領域の投資を担当。投資先に対してハンズ・オンでの戦略策定、経営の仕組化、組織造り、国内外の事業開発の支援を実施。GCP参画前は、戦略コンサルティング会社アーサー・D・リトルにて、ITサービス企業に対する事業戦略、新規事業戦略、イノベーション戦略立案などを主導。東京大学経済学部卒(卒論特選論文受賞)、ハーバード大学経営大学院MBA(二年次優秀賞)。
社外取締役
有吉 健郎
ヤフー株式会社 メディア統括本部 スタートページ本部 企画部長。 2000年凸版印刷株式会社入社。企業ウェブサイト構築の受託開発、有料ウェブサービスの販売企画などに従事。2007年ヤフー株式会社入社。Yahoo!みんなの政治のディレクターとして、選挙特集、マニフェストマッチ、国会中継などを担当。Yahoo!ファイナンス責任者、Yahoo!ニュース責任者などを経て、2018年4月より現職。
執行役員
小栗 幹生
2003年公認会計士二次試験合格、優成監査法人入所。法定監査業務、IPOコンサルティング業務等に従事後、グループの山田コンサルティンググループ㈱に異動。M&Aに関連するアドバイザリー業務、デューデリジェンス業務、事業承継・組織再編コンサルティング、PMIコンサルティング等に携わる。2013年4月に株式会社Viibarを共同創業。経営企画管掌役員。
執行役員
岡本 圭央
2009年、リクルート入社。複数の事業にてWebサイト開発のプロジェクトマネジメントを担当。2014年、Viibarに入社。事業開発担当として営業組織の立ち上げ、アライアンス等を担当。2017年よりマーケティング事業管掌役員。
執行役員
前平 佳樹
2008年に株式会社インテリジェンスに入社。その後、グリー株式会社に転職。子会社のGlossom株式会社にて役員を、GREE Advertising株式会社にて代表取締役を務めた後、2015年にViibarに入社。Viibarでは営業組織の責任者を務めたのち、2017年より人事・広報管掌役員。
執行役員
浅見 亜希子
ドリコム、ライブドア、フリークアウトなどにて、Webサービスやアプリのプロダクト開発・運用に従事した後、2014年Viibarに入社。リードエンジニアとして制作管理ツール「Vync」の技術責任者を務めたのち、2018年より開発の管掌役員。愛猫の名前は景虎。

顧問

上坂優太
川田 尚吾
マッキンゼー・アンド・カンパニーを経て、1999年に株式会社ディー・エヌ・エーを共同創業し取締役就任。以降COOとして一連の事業立ち上げをリード。2008年に非常勤取締役、2011年より顧問。現在は日米欧のスタートアップへの投資、支援を中心に活動。
上坂優太
高橋 信太郎
1989年株式会社リクルート入社、採用広告事業を経て、ゲーム情報誌創刊などエンタメ事業開発に従事。2001年GMOアドパートナーズ株式会社入社、2006年代表取締役就任。2013年GMOインターネット株式会社常務取締役就任。2016年 Indeed Japan株式会社 代表取締役/営業本部長就任、同年、株式会社gumi 社外取締役就任。2017年10月より Indeed Japan株式会社 代表取締役ゼネラルマネジャー/営業本部長。
上坂優太
横山 隆治
82年青山学院大学文学部英米文学科卒。同年(株)旭通信社入社。96年インターネット広告のメディアレップ、デジタルアドバタイジングコンソーシアム(株)を起案設立。同社代表取締役副社長に就任。01年同社を上場。インターネットの黎明期からネット広告の普及、理論化、体系化に取り組む。08年(株)ADKインタラクティブを設立。同社代表取締役社長に就任。企業のマーケティングメディアを、POEに整理するトリプルメディアの考え方を日本に紹介。10年9月デジタルコンサルティングパートナーズを主宰。11年7月(株)デジタルインテリジェンス代表取締役に就任。
上坂優太
佐藤 尚之
コミュニケーション・ディレクター。株式会社ツナグ/株式会社4th代表。一般社団法人「助けあいジャパン」代表。復興庁復興推進参与。大阪芸術大学客員教授。 1985年電通入社。コピーライター、CMプランナーなどを経て、クリエイティブ・ディレクターに。その後、コミュニケーション・デザイナーとしてキャンペーン全体を仕切る仕事を長く続ける。2011年3月に電通を退社し独立。著書に「明日の広告」「明日のプランニング」など。