Viibar ライバープロダクション
ビーバー

薬剤師にぴったりな副業はコレ。稼げる仕事をまとめてみた

世の中が“副業OK”の流れとなっている中、今やダブルワークは新しい働き方として定着しつつあります。薬剤師として働く人の中にも「副業でお小遣いを稼ぎたい!」と考えている人もいるのでは?

今回は、薬剤師をしながらできる、おすすめの副業を5つご紹介します。

薬剤師も副業できる!

そもそも「薬剤師は副業できるの?」という疑問を持つ方もいるかもしれません。結論から言えば、薬剤師は一部のケースを除き副業をすることが可能です。副業が禁止されているケースは2つあり、国公立の病院などで働く薬剤師や国・自治体の薬事行政などに関わる「公務員薬剤師」の場合、そして薬局やドラッグストアの責任者である「管理薬剤師」である場合です。

それ以外の、民間の調剤薬局やドラッグストアなどに務める薬剤師(管理者以外)は、就業規則によって副業が認められています

薬剤師さんにおすすめな稼げる副業5選

薬剤師として働きながら副業をするためには、本業の勤務時間に合わせて、無理なく働きたいですよね。そこで、薬剤師をしながらでも働きやすい副業を以下にまとめました。

・薬局薬剤師

薬剤師が始めやすい副業として、アルバイトやパートとして調剤薬局で働く「薬局薬剤師」があります。調剤や服薬指導など慣れた仕事内容のため、薬剤師にとって始めやすい副業です。休みが本業と重なってしまうこともあるため、調整は慎重に。とはいえ時給は2000円ほどなので、慣れた仕事で収入をアップしたい人にはおすすめです。

・ドラッグストア薬剤師

ドラッグストアの店舗で働く「ドラッグストア薬剤師」も、薬剤師が掛け持ちしやすい副業です。お客さんに対して市販薬の販売や服薬指導を行う仕事のため、医薬品についての説明、レジ打ちなどの接客はもちろん、商品の品出しなど、業務内容は多岐にわたります。時給は店舗によって異なりますが、平均は2000円ほど。ほとんどがシフト制のため、事前に予定を組みやすいのもポイントです。

・病院薬剤師

病院で調剤や服薬指導を行う「病院薬剤師」もおすすめです。薬局やドラックストアで勤務し、病院薬剤師として働いたことがない人は、新たな環境で経験を積むことができます。なお、病院薬剤師は平日勤務が多いため、本業で平日にお休みがある人に向いています。こちらも時給の平均は2000円ほどなので、病院薬剤師として新たな経験を積んでみたい人は挑戦してみてはいかがでしょうか。

・メディカルライター

在宅での副業を希望する人には、薬剤師としての知識や経験を生かせる「メディカルライター」もおすすめ。個人や企業から依頼を受けられる「クラウドソーシング」のサービスを通じて、WEBサイトなどに掲載する医学・薬学についての記事を執筆する仕事です。報酬は文字単価で決められることが多く、資格を持っていることで単価がアップすることも。決して高単価とは言えないものの、在宅でコツコツとお金を稼ぎたい人に向いている副業です。

・ライブ配信

もう1つ在宅で始めやすいのが「ライブ配信」です。配信アプリによって、スマホひとつでいつでも・どこでも気軽に始められます。報酬は配信を見たリスナーから“投げ銭”をもらうことで発生するほか、配信時間や人気に応じて報酬がアップします。雑談や特技・趣味の披露など好きなことを発信できるため、お金を稼ぎながら気分転換にもなります。報酬は月数万円のお小遣い程度から、人気ライバーになれば月数十万円稼ぐことも可能。人と一緒に盛り上がったり、楽しんだりするのが好きな人にはぴったりの副業といえるでしょう。

副業するときに注意したいポイント

副業をする前に気を付けておきたいのが、“本業に影響が出ないか”ということ。働く時間が長くなることは、その分、心身に負担がかかります。お金を稼ぎたいからと無理してしまい、本業に影響が出ては元も子もありません。自分に合った仕事を探してみてくださいね。

副業をする目的も決めておこう

副業をする前に、副業をする目的を決めておくのも大切です。「お金を稼ぎたい」という目的の場合は、お小遣い程度なのか、生活レベルを上げられる程度なのかも決めておくのがおすすめ。また、お金を稼ぐだけではなく「薬剤師としてのスキルを上げたい」「新しいことにチャレンジしたい」という目的で始めるのもいいでしょう。あらかじめ目的を決めておくことで、自分にどんな副業が向いているのかが見えてくるはずです。

ライブ配信で稼ぐなら「ビーバー」へ!

薬剤師が副業でライブ配信を始めるなら、アットホームな雰囲気と初心者でも稼ぎやすい報酬システムが整ったPocochaがおすすめ。

リスナーからの投げ銭アイテムはもちろん、いわゆる“時給”のような配信時間や人気に応じてもらえる報酬「時間ダイヤ」など、初心者でも稼ぎやすい仕組みになっています。また、リスナーとの交流の中で、本業ではわからなかった新しい自分を見つけられることも。

一人で始めるのが不安な人は、ライバープロダクション(ライバー事務所)に所属することをおすすめします。事務所に入ることで、配信のノウハウやサポートを得られるからです。

Pocochaのライバー事務所である「ビーバー」は、初心者でも気軽に始められる体制を用意しています。Pocochaでのライブ配信に興味があれば、まずは問い合わせてみてくださいね。

↓↓↓現在「初配信キャンペーン」実施中!詳しくはこちら↓↓↓

一覧へ戻る