Viibar ライバープロダクション
ビーバー

大学生に人気の在宅バイトはコレ!自宅でお金を稼ぐには?

新型コロナウィルスの感染拡大を受け、できることなら感染リスクの低い自宅にいながらお金を稼ぎたいと考える人も多いのでは? 今回は大学生が在宅バイトを選ぶ場合のコツと、在宅バイトのおすすめをまとめて紹介します。

大学生が在宅バイトをするコツは?

家にいながら好きな時間に働けるのが在宅バイトの魅力でしょう。在宅なら、出かける準備や往復の移動時間などを削減できます。日中は大学の授業がある学生にとって、すきま時間を活用できる在宅バイトはメリットが大きいといえるかもしれません。

しかし、良いところばかりに思われる在宅バイトも、選ぶ上で把握しておきたい注意点がいくつかあります。

成果報酬型が多い

在宅バイトでは、時給換算ではなく成果報酬型で給与が発生する場合も少なくありません。どんなに時間がかかったとしても、作業分の給料しかもらえないケースもあるため、慣れるまでは高い報酬が期待できない可能性もあります。

自宅の環境を整備する必要がある

在宅バイトの内容によっては自宅の作業環境を整える必要があります。パソコンを使ってオンライン上で行う仕事も多いため、あらかじめパソコンやネット環境などを準備しておかなければなりません。

これらの注意点を把握した上で、自分の特技を生かせたり、バイトしながらスキルを磨けたり、慣れていけば高収入が期待できるものなどニーズに合わせて在宅バイトを選んでみてください。

大学生におすすめの在宅バイト5選

在宅でできる仕事としては、さまざまなバイトあります。ここでは特に大学生が働きやすい在宅バイトを紹介します。

1.データ入力

自宅にパソコンがあるならば、データ入力の仕事がおすすめです。指定されたデータをパソコンで入力していくため、タイピングができれば専門的なスキルは必要ありません。

ブラインドタッチできてキーボード入力が得意な方であれば、スムーズに働くことができるでしょう。データ入力の仕事はクラウドソーシングなどから探せるほか、企業と直接契約することも可能です。

また、すきま時間に効率よく稼げて、案件ごとに仕事が受けられるというのも特徴。ただし時給換算ではなく、成果報酬型で給与が決まる場合も多くあります。コツコツとパソコンに向かって単純作業を続けるのが苦手だったり、タイピングが不得意だったりする方は高報酬を目指すのは少し大変かもしれません。

2.コールセンター業務

コールセンター業務というと、シフトの調整もしやすく、服装や髪型も自由な職場が多いため、大学生やフリーターにも人気のお仕事です。コールセンターの仕事はオフィスで行うイメージがあるかもしれませんが、テレワークも普及した現在、在宅で行える場合もあります。

出来高制の職場もあるので、頑張り次第では短時間で高報酬を得ることもできるでしょう。コールセンター業務経験者はもちろん、接客や営業経験がある人、普段から人と会話するのが得意な人にはおすすめです。

職場によって在宅での仕事の進め方は異なりますが、ご自身が所有するスマートフォンを使ってコールセンター業務が行えるような仕組みを取り入れた会社もあります。またパソコンや使用する端末を貸し出してくれたり、通信費を負担してくれたりする場合もありますが、中には自己負担というケースもあるため、事前によく確認するようにしましょう。

3.テストの採点・添削

テストの採点や添削を在宅で行うバイトもあります。郵送やインターネットで送られてきた答案に対して、模範解答と照らし合わせながら採点し、添削していくお仕事です。近年ではオンラインで受けられるテストが増えてきており、採点もオンラインで行うケースが増えています。自宅にパソコン環境が整っていれば、在宅勤務が可能です。

採点や添削をすることによって自分自身の勉強にもなり、知識が増えていくことは大きなメリットでしょう。「仕事をしながら勉強したい」という人にもおすすめです。

4.オンライン家庭教師・塾講師

家庭教師や塾講師のバイトも、オンライン会議ツールなどを使って在宅できるケースが増えています。小中高生が生徒の場合、勤務時間帯は15時以降〜夜、もしくは土日が基本となります。

短時間だけ働くこともできるため、すきま時間を有効活用できます。さらに、比較的高報酬なのも魅力のひとつです。ただし、カメラ付きのパソコンやネット環境など、スムーズに授業するための準備は必要となるでしょう。

5.ライブ配信

時間や場所にとらわれず、空き時間に働くならライブ配信がおすすめです。スマホがあればできるという手軽さも人気のひとつでしょう。YouTubeのように動画を編集する作業もないため、初心者でも始めやすいのもメリットです。

報酬はライブ配信アプリによって異なりますが、基本的にリスナーからの「投げ銭」、いいね数やコメント数などによって決まります。人気ライバーになれば、高い報酬が期待できるでしょう。

大学生が在宅バイトするなら、自宅の環境ややりたいことにあわせて選ぼう

リモートワークが進んだことで、在宅で行えるバイトも増えています。ただし、ネットをはじめとした作業環境をある程度揃える必要があることも。場合によっては初期費用がかかってしまいます。そのため、自宅の環境でできる仕事を選ぶことも重要です。

やりたいことやスキルなどをふまえて、自分にあった在宅バイトを選んでみてくださいね。

ライブ配信で稼ぐなら「ビーバー」へ!

ライブ配信に興味がある大学生の方なら、初心者でも稼ぎやすいライブ配信アプリ「Pococha」がおすすめです。“投げ銭”と呼ばれるリスナーからの有料アイテムだけでなく、配信時間に応じて報酬が入るため、初心者でも挑戦しやすいのがポイントです。

Pocochaのライバープロダクション(ライバー事務所)である「ビーバー」には大学生のライバーも所属しています。配信のノウハウがあり、目標を達成しやすいのが事務所に所属する大きなメリットです。学業と両立させながら、人気ライバーを目指すことができます。

ビーバーに所属してPocochaライバーとして活躍したいなら、まずはLINEから申し込んでみてくださいね。

↓↓↓現在「初配信キャンペーン」実施中!詳しくはこちら↓↓↓

一覧へ戻る