Viibar ライバープロダクション
ビーバー

副業で始めやすい「ライバー」。ライブ配信の稼ぎ方を徹底解説!

最近では、副業してお金を稼ぐ人も珍しくありません。初心者も比較的始めやすい副業のひとつが、ライブ配信で報酬を得る「ライバー」です。今注目のライブ配信は、どのように稼いでいるのでしょうか? 今回は、気になるライブ配信の報酬システムをご紹介します。

ライバーはどれくらい稼いでいる?

副業ライバー稼ぐ_1

ライブ配信は、スマホがあれば始めることができます。その手軽さから、副業として始める人が増えています。

実際にどれくらい稼げるかというと、数千円程度のおこづかい稼ぎから、月に5~10万と生活費の足しになるレベルまで、人によってさまざまです。トップライバーになると、月収数十万~百万円以上になることも。

ライブ配信で稼ぐためのコツ

配信の工夫次第で、より多くの報酬を得ることができます。まずは以下のようなポイントを意識するのをおすすめします。

定期的に配信する

コツコツと配信を続けることがまずは第一です。継続するとリスナーもつきやすくなり、ファンも増えやすくなります。また、配信時間に応じて報酬を得られるライブ配信アプリもあるため、空いた時間を活用しながら配信を続けてみましょう。

リスナーを巻き込む

基本的には、リスナーからの“投げ銭”で報酬を得るのが一般的です。そのため、リスナーが喜ぶような配信を意識しましょう。積極的に会話を楽しんだり、一緒に配信を企画したり、リスナーさんを巻き込むような工夫が重要です。

リアクションを大事にする

ライバーとのコミュニケーションを楽しみにしているリスナーも少なくありません。リスナーが配信に来たら挨拶をしたり、アイテムをもらったら御礼を伝えたり、配信中はリアクションにも気を配りましょう。画面越しで交流する分、少しオーバーなくらいの反応でちょうどいいのかもしれません。

おすすめの配信アプリ

副業ライバー稼ぐ_2

ライブ配信アプリによって独自の報酬システムがあります。還元率も異なるため、自分にあったアプリを使うのも稼ぐための近道です。ここからはおすすめの配信アプリを紹介していきます。

17 Live(イチナナライブ)

台湾発の人気アプリ「17 Live」では、配信中に視聴者が応援の気持ちを込めて投げる「ギフト(投げ銭)」、視聴回数によって変わる「ボーナスポイント」、期間限定イベントに参加してもらえる「プライズポイント」という3つの報酬システムがあります。

ポイントの還元率はライバーによって変わりますが、13~50%が目安とも。人気アプリであるだけにライバルとなるライバーの数は多いですが、認知度が高いとも言えるでしょう。

SHOWROOM(ショールーム)

「SHOWROOM」は、人気のアーティストやアイドル、タレントなども数多く利用している「仮想ライブ空間」です。「バーチャルギフト」と呼ばれる投げ銭システムがあり、配信中に投げ込まれたギフトの総数に応じて報酬が支払われます

ライバーによって異なりますが、還元率は30~35%と言われています。ギフトをくれる視聴者が増えるほどお金を稼ぐことができるので、自分をアピールするのが得意な人に向いているアプリでしょう。

BIGO LIVE(ビゴライブ)

海外ユーザーの多い「BIGO LIVE」では、リスナーから贈られたギフトは独自通貨の「ビーンズ」に変換されます。貯まったビーンズは、アイテムを贈るときに使えるダイヤや現金にすることもできます。ただし、シンガポールを拠点にした海外アプリだけに、日本円ではなくドルに換算されるので注意が必要です。

ビーンズの換金率は約13~50%とされており、換金時に手数料が引かれます。為替のレートとあわせて、換金したい際には実際に振り込まれる額を確認するようにしましょう。

ふわっち

ユーザー数が20万人を超える「ふわっち」は、2015年に登場したライブ配信アプリ。ふわっちでは、配信することでポイントをゲットできます。ポイントは配信が盛り上がった度合いやランキング上位者、視聴者数1位などによって贈られます。付与されたポイントはギフト券や現金に交換可能です。

また、「デイリー」「マンスリー」といったランキングがあり、上位者には賞金が贈られるほか、毎月開催されるさまざまなイベントに参加すれば豪華商品をゲットするチャンスも。さらに配信の盛り上がりに応じてポイントも貯まっていくなど、稼ぐための方法がさまざま用意されている点が魅力です。

また、投げ銭の還元率はアイテム価格の50%と、ほかの配信アプリに比べて高めに設定されているのが特徴です。

Pococha(ポコチャ)

比較的新しく、アットホームな雰囲気が人気の「Pococha(ポコチャ)」。ライバーは配信によって付与される「ダイヤ」を換金して報酬をもらえます。ダイヤは時給のように時間に応じた報酬が支払われる「時間ダイヤ」と、視聴・コメント・いいね・アイテムの数や、視聴時間などで還元率が変わる「盛り上がりダイヤ」の2種類。「時間ダイヤ」は、ライバーの人気や実績に応じて、1時間あたりの報酬が30~16,500円と変動します。

配信アプリには珍しい「時間ダイヤ」があるため、初心者でも稼ぎやすいのが魅力です。

動画もチェック:オススメのライブ配信アプリ

ライバー事務所ビーバーのマネージャーがオススメのライブ配信アプリを紹介していますので、こちらもチェックしてみてください!

 

この記事もチェック▶▶Pococha(ポコチャ)の配信方法と稼ぐためのポイント

確定申告は必要?

副業ライバー稼ぐ_3

初めて副業する人は「確定申告」が必要かどうかも気になるポイントですよね。結論から言うと、副業の所得が年間20万円を超える人は確定申告をする必要があります。確定申告する場合、毎年会社が手続きしてくれる「年末調整」とは違い、自分で手続きをする必要があります。

一方、副業の所得が20万円以下の人は確定申告をする必要はありません。ただし、この基準は本業の収入など、条件によって変わるため注意が必要です。また、確定申告が不要な場合でも自治体に「住民税」の申告をする必要があるのを覚えておきましょう。

人気ライバーになってライブ配信で稼ごう

自宅から配信できるライブ配信は、副業ビギナーにはもってこい。おしゃべりをしたり、自分の特技を披露したりとマイペースに配信できるのも魅力です。仕事終わりや、休日のちょっとしたすきま時間で配信すれば、効率的にお金を稼ぐことができるかも。

また、人気ライバーになればなるほど報酬もアップしていくので、どんどん楽しさを見出すことができるはず。副業を考えている人は、今人気のライブ配信にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

ライブ配信を始めるなら「ビーバー」

Pocochaとは_2

「ビーバー」はPocochaのライバープロダクション(ライバー事務所)。副業ライバーも多いため、本業に支障が出ないようにサポートしています。Pocochaに特化した配信のノウハウがあるので、目標額を稼ぐためにさまざまな成功法をレクチャーします。

Pocochaで副業ライバーとして活動するなら、ぜひチェックしてみてくださいね。

ビーバーについて知りたいなら▶▶テクノロジーと親身なサポートで、フリーライバーより“3倍の報酬”に!

↓↓↓現在「初配信キャンペーン」実施中!詳しくはこちら↓↓↓

一覧へ戻る