Viibarライバー事務所
ビーバー

ライバー事務所と芸能事務所、どこが違う?わかりやすく解説してみた

ライバーを抱える事務所にはいくつかタイプがあることをご存知ですか? 今回はそのひとつ、ライバーのマネジメントをメインに運営している事務所の特徴についてまとめてみました。芸能事務所系との違いもぜひ参考にしてみてくださいね。

芸能事務所とライバー事務所は同じ?

いわゆる“事務所”といえば、芸能人やタレントが所属する会社を思い浮かべるかもしれません。実際に、芸能事務所の中にライバー部門が作られるところも最近では増えています。では、そんな芸能事務所とライバー事務所に違いはあるのでしょうか?

大きな違いとしては、まずは「所属する人」。芸能事務所には当然、芸能人やタレントが所属していますが、ライバー事務所はライバーのほかSNS上で影響力のあるインフルエンサーなどを抱えています。

芸能事務所がタレント育成を目的としている一方、ライバー事務所はYouTuberやクリエイターが数多く在籍する「UUUM」のように、よりライバーに近い立場でプロデュースしてくれる体制ができあがっているといえるでしょう。ただし、どちらもライバーの活動をサポートするという役割に変わりはありません。

芸能事務所系のライバー事務所の特徴

芸能系のライバー事務所や、ライバー部門を持つ芸能事務所は、マネジメントのプロという立場を活かしてライバー育成に力を入れています。豊富なコネクションを強みにTVなどのメディアに出演するチャンスが巡ってくることもあれば、所属タレントと共演するなど、ライバーの枠を超えた幅広い活動ができる点もメリットです。

たとえば音楽系ライバーなら、事務所が管理するレーベルからデビューできる可能性もあるかもしれません。プロによる的確なアドバイスを受けつつ、将来、芸能人やタレントとしてステップアップしていきたいと考えるライバーにはぴったりの環境です。ただし、その分、契約の条件が厳しかったり、制約があったりと、人によっては不自由を感じてしまうかも。芸能系の事務所を志望するなら、今後の方向性についても考えておいたほうがよさそうです。

ライバー事務所の特徴

芸能系とは打って変わって、ライバー事務所はライバーに特化してマネジメントを行う事務所のこと。動画配信に関する事情にも精通しており、ライバーが活動しやすい体制が整っています。

ライバー事務所には芸能人というよりも、第一線で活躍するライバーを目指す人が多いのも特徴。人気ライバーになるためのノウハウを基にしたプロデュースだけでなく、配信スタジオや機材の提供、ファンイベントの開催、グッズ販売など、手厚いサポートを受けることができます。

また、同じ事務所に所属するライバー同士の交流会を通して、横のつながりが作りやすいのもライバー事務所ならでは。企業からのPRの依頼なども請け負うことができます。

自分に合った事務所を探そう

所属事務所を探す上で大切なのは「これからどんな活動をしていきたいか」。ライバーとして一流を目指すのか、いずれは芸能人やタレントになりたいのか……進みたい方向性によって、どういった事務所が適しているのかが自然と見えてきます。

まずは、いくつか候補を挙げて自分が求める条件に当てはまるかどうかで絞り込んでいくかたちが理想です。後々のトラブル回避のためにも、待遇や契約の条件もしっかり確認するようにしましょう。

事務所と一口に言ってもタイプによってさまざま。ですが、良い事務所に所属することは、今後のライバー活動を大きく前進させる一歩になります。まずは、どんな事務所があるかリサーチから始めるのがおすすめ。特にライバー事務所は今後もどんどん増えていくと思われるので、新しい情報にも常に気を配るようにしておくと良い出会いがありそうです。

ライブ配信で稼ぐなら「ビーバー」へ!

Pocochaで配信を楽しみたい、お金を稼ぎたいと思っていても、配信のやり方がわからなくて心配な人も多いはず。そんなときは、ライバー事務所に所属するのもひとつの手です。

Pocochaのライバープロダクション(ライバー事務所)である「ビーバー」では、普段の配信サポートから、数多くの実績をもとにした成功方法のレクチャー、ライバー同士のつながりを作るイベントの開催まで、充実したサービスを行っています

サポートをしてくれる人がいれば、初心者でもライブ配信を始めやすいですよね。これからPocochaのライバーとして活躍してみたいなら、ぜひ「ビーバー」をチェックしてみてください。

ライバー事務所ビーバーについて知りたいならコチラ

↓↓↓現在「初配信キャンペーン」実施中!詳しくはこちら↓↓↓

一覧へ戻る