Viibar ライバープロダクション
ビーバー

menu

【2021年最新】ライブ配信アプリ5つを比較!おすすめはどれ?

YouTubeなどの動画共有サービスに続き、昨今はライブ配信が注目を集めています。今回は、代表的な5つのライブ配信アプリをピックアップ。これからライブ配信してみたいと考えている人は、それぞれの特徴や魅力を知って自分に合ったアプリを探してみてくださいね。

ライブ配信アプリが人気!

ライブ配信は、テレビの生放送のようにリアルタイムで見られるのが大きな特徴です。また、これから知名度を上げたい人にとっても、自分の魅力を気軽に発信できる場となっています。

見る人にも、配信する人にも魅力がいっぱいのライブ配信。これからますます盛り上がること間違いなしでしょう。アプリによってサービス内容は異なるため、利用する際はそれぞれの特徴を知ることが重要です。

人気の配信アプリ5つを比べてみた

それでは今、どのようなライブ配信アプリが人気なのでしょうか? ユーザーから特に人気を集めている5つの代表的なアプリをまとめました。

1.17 Live(イチナナライブ)

全世界4,200万ユーザーを突破した台湾発の人気アプリです。世界9カ国で展開しているため、海外の人たちとつながることができます。また、アーティストのGACKTなど、有名人が参加したことでも話題です。

ハワイ旅行やゲーム機が当たるキャンペーンなどを定期的に開催し、イベントのスケールが大きいのもポイントでしょう。新たなスターを生み出すためのオーディションや、新人への手厚いバックアップもおこなっています。

2.Pococha(ポコチャ)

一般の人からモデル、歌手まで、個性豊かなライバーが毎日配信しています。コメントをしっかりと拾ってくれるライバー(配信者)が多いため、よりライバーを身近に感じることができます。

搭載されている「ファミリー機能」では、ライバーと協力して配信を盛り上げることができるため、よりコアなファンをつけたい人におすすめです。メディアへの出演権やオリジナルグッズがもらえるイベントも多く開催されているので、ライバーにとってチャンスも多数。ライバーとファンが支え合い、信頼関係を築けるアットホームなアプリです。

3.MixChannel(ミクチャ)

1万曲以上、毎月更新されるカラオケ機能が大きな特徴。音声のみのラジオ配信もでき、柔軟に配信することが可能です。

ファッション雑誌や企業、ブランドとのタイアップ企画から、オリジナル企画まで数多くのコンテストが定期開催されています。勝ち進めばテレビや雑誌、音楽フェス出演権を獲得できるチャンスも。また、ライブ配信サービスでは初となる月額購読でライバーを応援できる「ファンクラブ機能」もあり、より密な交流が楽しめます。

4.SHOWROOM(ショールーム)

テレビ出演も多く、著書もベストセラーとなった代表の前田裕二さんもよく知られています。配信では、よしもと芸人やAKB48、乃木坂46など、数多くのアーティストやアイドル、タレントとコラボレーションしています。

また、アニメ『ちびまる子ちゃん』やサンリオなど、種類豊富なキャラクターから自分好みのアバターを選べるのも楽しいポイント。芸能界デビューのチャンスがつかめるオーディションも盛んなので、本気で有名になりたい人におすすめです。

5.Mirrativ(ミラティブ)

こちらは他とは少し系統が異なる、“ゲーム配信”が中心のアプリです。雑談のみの配信はもちろん、スマホゲームの実況をしながらファンと交流することができます。

また、「エモモ」と呼ばれるアバターを使った配信ができるのも大きな特徴です。使用するキャラクターはカスタマイズ可能なので、お気に入りの姿で配信をすることができます。ゲームが好きな人や、顔出しせずに配信を楽しみたい人にはぴったりかも。

気に入ったライブ配信アプリを見つけたら、まずは使ってみよう!

人気ライブ配信アプリの数々。どれを使ったらいいか迷ってしまう人も、それぞれの特徴や魅力を知ればきっとお気に入りが見つかるはずです。自分に合ったアプリを使って、ライブ配信を楽しんでみてくださいね。

ライブ配信に興味がある方はこちら↓↓↓

一覧へ戻る