Viibar ライバープロダクション
ビーバー

ライバー事務所のマネジャーの役割は?ライバーとの関係は?

テレビで活躍している俳優やタレントさんには、裏でサポートしてくれる「マネジャー」がいることが多いですよね。事務所(ライバーマネジメントプロダクション)に所属している「事務所ライバー」にもマネジャーがいるのはご存知でしょうか? 今回は、事務所ライバーを支えるマネジャーの役割、そしてライバーとの関係についてご紹介します。

ライバーを担当するマネジャーとは?

これからの時代、新たな職業として注目されている「ライバー」という存在。近年では、そんなライバーをサポートするライバー事務所も増えています。事務所に所属したライバーは数々のサポートを受けられますが、その中で最も直接的なサポートと言えるのが「マネジャー」です。

ライブ配信サービス自体がまだ新しいからこそ、ライブ配信をこれから始める人は未経験の場合が圧倒的に多いのが現状です。それゆえ、配信のコツがつかめなかったり、視聴回数や視聴者数を思うように伸ばせなかったり、トラブルが起こってしまったり……と、ライバーだけでは解決できない課題が出てくるもの。

そんなライバーを助けるには、マネジャーの存在が重要と言えます。それでは、具体的にどのような役割を果たしているのでしょうか?

ライバー事務所のマネジャーの役割

基本的には、それぞれのライバーに担当マネジャーが付く「担当マネジャー制度」をとっている事務所が一般的です。

担当マネジャーは、ライブ配信のノウハウや視聴率アップのコツなどをライバーに伝えながら、実際にライバーの配信を見て、第三者の視点から配信内容のアドバイスをしてくれることもあります。

その他にも、ライバーのスケジュール管理や事務所に届けられるファンレターの対応、ライバーの日常の悩み相談にのるなど、快適にライブ配信活動ができる環境を作っていきます。

一方で、事務所の中には「担当マネジャー」がつくとうたっているにもかかわらず、特にサポートやツール提供もない事務所もあるので、注意が必要です。

マネジャーは、ライバーと二人三脚で課題をクリアしていくため、信頼関係を気づくのがとても大切です。日常から担当ライバーとのコミュニケーションを密に取るため、コミュニケーション能力の高さも求められます。ライバー自身の実力ももちろんありますが、マネジャーのサポート次第で人気の出方などが変わってくるため、責任がある分、とてもやりがいを感じられる役割と言えます。

事務所によってマネジャーの呼び名が違う!?

ライバー事務所は数多く存在していますが、事務所によってマネジャーの呼び名も異なるそうです。たとえば、「パートナーマネジャー」「ライバープロデューサー」「アシスタント」「タレントマネジャー」など。呼び名からもなんとなく推測できるとおり、事務所ごとにマネジメント業務の範囲が変わってきます。

事務所によっては、先ほどご紹介した基本的な役割に加え、ライバー候補を探す“スカウティング”から行っている場合もあります。自分でスカウトしたライバーが人気になっていく姿を見られるのは、マネジャーならではの特権なのだとか。

事務所マネジャーと協力してライバーとして活躍するのもあり!

今後の期待が高まるライバーという存在。それを支える大切な役割がマネジャーです。ときにはアドバイスをしてライバーを導く立場になったり、背中を押すための相談役になったり。

信頼できるマネジャーと人気ライバーが一緒に夢を追っていくと、楽しさも倍増! 事務所ライバーはマネジャーと団結して、さらなる活躍を目指したいですね。

動画もチェック

事務所に所属するメリット・デメリットについて動画でも解説していますので、こちらもチェックしてみてください!

自分に合ったライバー事務所を探そう!

ライバーが活動に専念するための環境づくりだけでなく、知名度や報酬を上げるためにもサポートしてくれるのがライバー事務所。ライバー事務所がどのようなことをしてくれるのかを知ったうえで、事務所選びをしてみてくださいね

ライバー事務所なら「ビーバー」へ

ビーバーはライブ配信アプリ「Pococha」のライバーマネジメントプロダクション(ライバー事務所)です。多くのPocochaライバーが所属しており、「初めてのライブ配信が不安」「ライブ配信で着実に稼ぎたい」「ライブ配信で有名になりたい」という方のために、万全のサポート体制も用意しています。

↓↓↓現在「初配信キャンペーン」実施中!詳しくはこちら↓↓↓

一覧へ戻る