Client Interview

若年層にターゲティングし認知度アップ、採用に寄与するデジタル動画制作に成功 メディアにも取り上げられ話題に。

化学メーカーの宇部興産株式会社は、認知度アップのために若年層にターゲティングした動画制作を実施。「うべこさん」というユニークなクリエイティブが若者を中心に話題となり認知度が大幅に改善、採用活動にも効果を発揮。動画のクオリティの高さは社内外でも話題となり、社員の士気にも好影響を与えている。

プロフィール

工藤 康人氏

Kouto Kudo

宇部興産株式会社 経営管理室 IR広報部 主席部員

1977年生まれ。地方紙記者、食品メーカーの宣伝担当、航空機メーカーの購買などを経て2013年に宇部興産へ。グローバルサイト、社外広報、宣伝などを担当している。



若年層への認知度アップを目的に、Web動画にチャレンジ

 – 工藤様の業務内容についてお聞かせください。

工藤さま:私は経営管理室のIR広報部という部署に所属していて、広報と宣伝を兼務するような形で業務を担当しています。広報はニュースリリースを含めた国内外向け広報を、宣伝は、企業広告や一般的な宣伝事案を中心に企画運営しています。自社Webサイトの企画運営は、この両方に重なる仕事になります。

 

 – 今までも動画制作に取り組まれていたのでしょうか?

工藤さま:弊社の創業地である山口県内でテレビCMを放映している他は、特に動画制作は行っていませんでした。CM以外では、会社案内のビデオを制作したくらいでしょうか。

 

 – 今回はどうしてWeb動画の制作をしようとお考えになったのでしょうか?

工藤さま:Web動画の制作は私も今回が初めてです。最初に宣伝業務がアサインされたのが昨年なのですが、その際に、BtoB企業である弊社が、なぜ宣伝しなければいけないのかということをチーム全体で考え直しました。その中で課題として浮き上がってきたことが、世間一般の弊社に対する低い認知度の改善です。山口県内では、テレビCMも放映しておりますので、地元の方には認知していただいていると思います。しかし、それ以外の地域では、企業名があまり知られていないのが現実です。

また、弊社は化学やセメントを扱う会社ですので、そうした関連業界に勤務されている方の認知度はある程度高いのですが、最終製品のメーカーさん含めて、それ以外の様々な業界の方からの認知度が低いということも課題の一つでした。

さらに、特に若年層になるにつれて極めて認知度が低くなる傾向も、様々な調査で明らかになってきました。これは今後の採用活動にも影響を及ぼす事柄なので、社内でもなんとかしなければいけないという課題感を持っており、いろいろ考えた上で、やはり動画制作が有効なのではないかという流れになったのです。

 

 – 若年層の認知を上げる施策として他にも施策があったと思うのですが、なぜWeb動画制作を選んだのか理由をお聞かせください。

工藤さま:認知度に関しては一般の調査会社のデータを参照したのですが、そこでは特に20代以下の認知度が極めて低いことが判明しました。したがって今回の施策は、ターゲットに20歳前後の年齢層をイメージして企画を検討しました。

若年層にどうやってリーチするかを考えるため、日常的にどういう方法で情報収集しているのか調べると、やはりスマホやタブレットでゲームやネットブラウズしている時間がテレビを見る時間も圧倒的に多いというデータが出てきました。また、スマホやタブレットの様々な用途の中で、動画視聴がかなり上位に入ってきているということも分かりました。若年層が、Webで動画閲覧をしているのであれば、そこになんとか入り込めないかと考えたのです。

 

 – 今回は、理系の女性に的を絞ってリサーチされたと伺いました。採用でも女性に来てほしいからなのでしょうか?

工藤さま:どこの同業他社もそうだと思うのですが、理系の女子学生の絶対数が少ないので、女性の応募数が少ないのが現状です。ですので、女子学生に対する訴求を強く意識していました。

ここ何年かは女性の採用に非常に力を入れていますので、女性社員の数は増えてきているのですが、もともと男性が多い業界なので、特に技術系の職種を中心に、まだまだ十分ではないと考えています。

もちろん、特定の業種だけを女性に任せるといったことではなく、生産や開発の現場も含め、どの職種も男女比1対1くらいになるのが理想だと思うのですが、現状ではまだ難しいので、女性に対する認知度や好感度をできるだけ上げていきたいという思いはありました。

 

目標値はすべて達成。予想を大きく上回る認知度の上昇。

 – 広告の費用対効果についてはいかがですか?

工藤さま:YouTube動画広告は、TrueView広告を約1ヶ月配信しました。Googleさんから出たデータを見ても、今まで全くリーチできていなかった若年層にきっちり届いていることがわかり、認知度もかなり向上できたので大成功でした。今年度単体で見ても結果は出たのですが、まだまだ認知度は低いので、社内でも今後も継続してやっていくように言われています。

あとは、この後の採用活動状況に、どういった影響が出るのかといったことを分析していかなければいけません。面接を受けられる学生さんに動画を見たかどうかというアンケートをとる予定です。

 

 – 事前にKPIや費用対効果に関する数値は設定されていましたか?

工藤さま:認知度に関しては、厳密に目標値を決めていたわけではありません。長期的にはこれくらいになったらいいなという値は当然あるのですが、単年でいうと、何か効果があったら良いかなくらいのイメージでした。

短期的な目標として採用活動はすぐ結果が見えるのでエントリー数に関しては、きちんと目標値を設定しています。人事部から動画関連で増やしたいKPIに関する数値はもらっていて、採用サイトにどれくらい訪問者数があり、採用サイトに来てもらうためには動画は何回くらい再生されたら良いかという目標値が決まっていました。

 

 – 目標値は達成されたのでしょうか?

工藤さま:再生回数は、リリースから最初の2週間くらいで達成しました。採用サイトの訪問数もほぼ達成でき、新卒のエントリー数においては、一部のターゲットセグメントにおいては、対昨年度比で1.4倍の応募数となりました。

認知度に関しては、動画の視聴者で3.2%→26%となり、22.8ポイントのアップとなりました。なかなかこんな上昇率を示すことはないそうなので、そういった意味でも目標は達成できたと思います。

 

 

 

1 2