動画制作の実績

株式会社エフティ資生堂

「uno」ブランディング動画 (切り替えてる?篇)

株式会社エフティ資生堂は、2016年春、男性化粧品ブランドuno(ウーノ)を10~20代の若年層をターゲットとしたリブランディングに伴い、新しい試みであるデジタル動画を選択する。Viibarをパートナーとして活用して制作した新しい切り口の8パターンの動画により、若者の反応を検証。CMよりも高い効果がでる施策も実現し、今後のデジタルマーケティングの大きな布石とした。