社員インタビュー
矢吹 飛鳥
Asuka Yabuki
動画プロデューサー(動画メディア事業部)

Profile

中学生の時から映像制作の道を志ざし、武蔵野美術大学では映像を専攻。卒業後は株式会社東北新社にて10年間主に番組制作を中心にディレクター、プロデューサーとして従事。
その後、映像以外の制作現場に触れたいという思いからデザイン会社でプロジェクトマネージャーを経験。2015年11月Viibar入社。現在はプロデューサーとしてクライアント企業のメディアコンテンツを中心に企画制作を担当。

クライアント企業の動画メディアコンテンツを新しく立ち上げる

—— 今担当しているお仕事について教えて下さい。

動画メディア事業の中でも、大手クライアント企業のメディアコンテンツをプロデューサーとして担っています。
コンテンツは主に2種類あり、SNS上で配信する動画コンテンツと、クライアント企業の本体メディアで配信する動画コンテンツについて、立ち上げ段階から携わっています。進行管理だけではなく企画・提案やアイデア出しの部分から関わることもありますね。

テレビからデジタルへ、新たな領域で感じる面白さ

                                

—— メディアコンテンツ制作で心がけていることはありますか?

SNS上の動画コンテンツについては、SNS動画の特性やユーザに受け入れられる編集スタイルを心がけています。以前自社メディアを運営していた時のノウハウも活きていますね。
元からある本体メディアに出して行く動画コンテンツについては初めての事例ですが、クライアント企業の看板を背負うことにもなるので質の高いものを出していこうと取り組んでいます。

メディアの運営という意味では、ひとつのコンテンツを納品して終わりではなく継続的に作っていくものなので、何かが起きてもそれを次に活かしていくことができるところは大きな違いですね。



—— 今の仕事のどんなところに面白みを感じますか?

テレビ番組とは異なり短期間で多くのコンテンツを制作するため、狙いの当たり外れがすぐにわかるんです。だからこそ、この方向で良いかもしれないという見識を持ったときに挑戦しやすい環境があります。
すぐに現れる結果を次に繋げることでまた効果が出ると、その見識は間違っていないということがわかる。そういう意味で、即時性がある部分がとても面白くやりがいになっています。

「読み物」となるSNS動画をつくる

—— 新しい映像のジャンルとなるSNS動画について教えてください。

色々やってきた中で生まれた考えのひとつですが、SNS動画とは「動画ではなく読み物である」と思っています。たとえば、私たちメディア事業部が運営する自社メディア「bouncy」の動画は、無音で見ても情報・文章として成立しています。まるで動く雑誌を見ているかのような情報の整理のされ方なんですね。情報が文字として整理されていて、映像はあくまで文章を補足するものであるため、その動画は「読み物」であると思うんです。

—— 通常の「動画」を作るときとは違う難しさもありそうですね。

文章で済むものは文章だけで出した方が良い場合もあり、動画にする意味を考えなければいけないという難しさが出てきます。クライアント企業から動画の制作依頼があった場合に、その有り無しを判断するのが難しいですね。新しい映像のジャンルなので、Viibarに登録しているクリエイターでそれを出来る人はまだ少ないこともあり、そういう判断ができる人を育てていくという課題もあると思っています。

動画メディアの仕事をつくり、動画の世界を変える

—— 今後、Viibarで成し遂げたいことはありますか?

私がViibarに入った理由のひとつは、代表の上坂が「クリエイターの動画制作環境を改善したい」と発言していたことです。当時そのような目標を掲げていた会社はViibarだけでした。今では、その目標が「動画の世界を変える。動画で世界を変える。」という会社のミッションになっています。 シンプルにいうと、自分がやりたいことは「動画の世界を変える」ことなんです。                             

—— "動画の世界を変える"とは。

動画メディアという仕事自体が新しいジャンルのものなので、今後、動画制作者が働く土壌をつくることができるかもしれない、ということです。
テレビが主流になった時代に、新たなメディアができ、仕事ができてテレビ番組制作者が沢山誕生したように、私たちが動画のメディアを作り、仕事を作り、働き方も含めて動画制作者の環境を変えていけるかもしれないと思っています。それによって、若い人たちが動画・映像を作る仕事に夢を持ってくれたら本当に嬉しいですね。

—— テレビ制作の現場から転職を考えている人に一言、お願いします。

新しい動画ビジネス、新しい制作環境、そしてあなたのスキルを活かせる場所がここにはあります!

  

まずはViibarへ遊びに来てください!