Member's Voice

山田 奈都美 Natsumi Yamada
動画プロデューサー
Profile

富山大学教育学部にてマルチメディア芸術を専攻し、情報科の教員免許を持つ。大学在学時からのインターン経験を経て新卒でAOI Pro.へ入社。CM業界でのプロダクションマネージャーの経験を生かし、Viibarではプロデューサー業務に従事。

プロダクションマネージャーという仕事と業界構造への葛藤

——AOI Pro.で従事されていた仕事について教えてください
AOI Pro.へ入社してプロダクションマネージャー(以下PM)を5年経験しました。PMになって最初の志は、「 映像に関わる人がみんなハッピーになれるような環境を作りたい 」という思いでした。

心がけていたことは、周りのスタッフがいい作品作れるようにモチベーションを保てるようにするといったことですね。皆、好きな仕事なので当たり前のようにやっているけど、実際は稼働時間も長いので、そこの負担をなんとか軽減できないかと思っていました。


——CM業界の構造に葛藤を抱えていたと聞いています
CMを作るときにはクライアント→広告代理店→制作会社→スタッフといった形で業務が流れてきます。複数のフローが介在する構造では、情報が降りてくるスピードが遅く、正しい情報が現場に降りてこないこともありました。持っている情報を信じて一生懸命作り上げたものが、クライアントの思っている方向性と違っていたこともありました。

大規模なマーケティングを行うTVCMなどでは広告代理店の存在が不可欠であると考えますが、WEB動画を制作する場合には広告代理店を介在しないフローの方も、シンプルで現場もわかりやすくなるのではと感じていました。

デジタルという新しい映像制作へのアプローチ

——Viibarに入った経緯を教えてください
AOI Pro.でPM業務に従事した後、多忙なPMをサポートする方法を探る部署に入りました。しかし、皆の働き方を変えるような体制作りに関して、やりたいと思うことはあっても、私の力不足で思うように動くことができませんでした。そういった経験をしたからこそ、Viibarの「動画の世界を変える」というビジョンに共感し、ここでなら今までやりたいと思っていたことが実現できるかもしれないと感じて入社を決めました。


——Viibarでのプロデューサー業務とは?
制作現場へ行ったり、営業と一緒にクライアントへのヒアリングに同行したりすることもあります。WEB動画では「綺麗な動画を作る」というクリエイティブのアプローチだけでなく、目的やメディアに応じたものを作り上げることが大切です。

「この効果を出すために、このメディアに載るから、このメディアに合った動画のアテンションポイントを作って」というMade for Media的な発想で頭を動かしていくことが、CM制作と違うポイントです。また、制作したその先の効果をデータで見れる環境は既存のCM制作会社と大きく違う点ですね。

映像業界にデジタルで切り込み、業界のスタンダードを作っていきたい

——Viibarだからこそできる動画制作についてどう思われますか?
クリエイティブ業務効率化ツール「Vync」の開発など、ITの力を使って動画の世界を変えていこうしている点が魅力だと思います。こう変わればいいのにと思っていたことはこれだったんだ!と思いましたね。

——Viibarで今後成し遂げたいことを教えてください
WEB動画のスタンダードをViibarでつくっていきたいと思っています。スタンダードを確立することで、競合他社様も含めてエンジニアなど開発職のように業界全体で共有する文化をつくることが理想ですね。良い動画、良いフローを作り、共有する文化を会社の垣根を越えてつくっていきたいと思っています。