Member's Voice

白川 博之 Hiroyuki Shirakawa
エンジニア
Profile

SI会社で開発のリーダーとしてチームを率いた後、GMOグローバルサイン株式会社にてソフトウェアエンジニアとして勤務。プラットフォーム刷新プロジェクトを任されアメリカシアトルに異動し、Scala等を用いた開発に従事。ボストンへの異動を経て、帰国後、Viibarに参画。 GitHub : https://github.com/shrkw

エンジニアリングにおいては、日本とアメリカでのレベルはあまり変わらない

——これまでのキャリアを教えてください。

セキュリティに関する知識やスキルはエンジニアの基礎教養のようなものであり、また、海外での就業はエンジニア誰しもが漠然と憧れを抱いていると思います。ですので、受託開発企業での就業後、セキュリティ技術と海外での就業の両方をかなえられる企業へ転職。1年半ほどアメリカで仕事をしました。

エンジニアとしてどこででも生きていけるようになりたかったというのが海外での就業をしたかった一番の理由です。1つ分かったことは、エンジニアリングにおいては、日本とアメリカでのレベルはあまり変わらないということです。

たくさんのことを学ばせてもらいましたし、アメリカでの各人の裁量の考え方や距離感はとても快適でしたので、また機会があれば行きたいと思っています。

急成長中のデジタル動画業界で、新しいことにチャレンジしたい

——Viibarではどんな仕事をしていますか?

Viibarでは、スクラムというソフトウェア開発の手法を採用しています。開発をルーチンで行い、Githubを使ってPull Requestベースでレビューして進めていきます。コミュニケーションはSlackにて行います。

また、現在は個人としては、新規事業にフォーカスしてゼロから新しいものを作るプロジェクトに携わっていますので、毎日がエキサイティングです。Viibarの財産として蓄積するべき動画マーケティングに関連した事業なので、非常に楽しいです。



——なぜViibarを選んだのでしょうか?

前職では海外やセキュリティなど「何をやるか」ということにフォーカスしましたが、今回は「何をやるか」だけでなく「誰とやるか」という部分にもフォーカスして、働いている人たちの雰囲気や人間関係を重視しました。
前職はIT業界の中では歴史があり、かつ、インフラに近い事業の会社でしたので、どうしても変化へのモチベーションは低くなりがちです。

安定している快適さはあれど、新しいものを取り入れにくい環境にもどかしさも感じ、スタートアップの中でも急成長中のデジタル動画業界で、且つしがらみのない組織で新しいことにチャレンジしたいと考えたからです。

自分自身がハイパーなエンジニアだと思っていないからこそ、チームで仕事をしないと良い成果を上げられない

——チームで仕事をすることについてどう思いますか?

自分自身がハイパーなエンジニアだと思っていないからこそ、チームで仕事をしないと良い成果を上げられないと常日頃思っています。

メンバーが組織の中でより働きやすくなるようサポートできれば、チーム全体の成果があがります。ですので、そういった考えをベースにエンジニアリングに取り組んでいます。

エンジニアリングの歴史はまだ浅いですが、良いやり方が確立されつつあります。人ができることと機械ができることを区別し、なるべく機械でやれることを増やしていく。その繰り返しがチーム全体の力を上げることに繋がると認識しています。



——どういう人と一緒に働きたいですか?

目的をしっかりと考えられて、かつ、行動できる方です。なんのために開発しているのかがブレていたら、価値を提供できませんし、エンジニアは実際に行動して、それを実現しなければなりません。

また、やはりチームで仕事していることを理解している方と働くことは楽しいので、そういう方と一緒に働きたいです。楽しく働けるのが一番ですね。