ビュースルーコンバージョン(View Through Conversion)とは、バナー広告や動画広告を見かけた後、ユーザーの行動がどうのように変化するのかを評価するインターネット広告用語の1つである。ポストインプレッション(Post Impression)やビュースルー率(View Through Rate)と呼ばれることもある。
あるユーザーが、バナー広告が掲載されたページを閲覧した、または動画広告を視聴した後、特定の日数以内にコンバージョン(申し込みや購入など)したら、ビュースルーコンバージョンとしてカウントされる。

インターネット広告の効果を評価する場合、広告を見たユーザーがその場で広告をクリックし、購入に至る、というモデルを想定して測定されることが多い。しかし、バナー広告や動画広告では、広告を見かけてもその場ではクリックせず、後日別の広告を踏んだり、自ら検索したりする形でサイトを訪れてコンバージョンが起きる場合があり、この現象を「ポストインプレッション効果」と呼ぶ。
広告を見た瞬間に商品を購入するよりも、広告を見てから一定期間後にWebサイトを訪れて商品を購入することの方が多い事もあるため、ポストインプレッションの影響は見過ごせない。特に、テキストやバナー広告よりも、動画広告やインタラクティブ広告などの閲覧者に視覚的に強い印象を与える広告の方が、ポストインプレッションの影響は高いとも言われている。

Pocket