Snapchat(スナップチャット)とは、スマートフォンアプリとして開発された、写真・動画の共有およびチャットを主軸したソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)である。

Facebook MessengerやLINEと言った競合のチャットアプリと比較した際の最大の特徴は、共有した写真や動画が自動的に消える点である。撮影した写真や動画の編集をSnapchat上で行う際に、最小1秒~最大10秒間の時間を設定できる。この時間を送信者側で設定しておくことで、受信者が画像や動画を開いてから何秒後に自動消滅させるかを決めることが出来る。これによって、その画像や動画が永続的に残ってしまうリスクを気にせず、気軽に日常的な写真や動画を友人に送る事ができるようになっている。

また、スマートフォン側の機能を使って、受信側で画像が消える前にスクリーンショットをする事は可能だが、送信者にスクリーンショットされたことの通知が行われる仕組みとなっている。

Snapchat上には、10秒以内の動画広告を出稿できるメニューがある。最大の魅力はスマートフォンの縦長の画面全てを使った縦型動画による広告が出来る点。広告はランダムに表示され、タップすると通常のSnapchat投稿と同様、再生した後に消滅する。タップしなければ、24時間後にそのまま消える。Snapchatの動画広告はスキップ可能なフォーマットとなっており、2秒〜3秒地点での離脱が多いため、それを意識してクリエイティブを用意する必要がある。今のところ、Google AdwordsやFacebookのような広告のセルフ管理機能やAPIは公開されていないが、用意を進めているという報道もある。

Pocket