DSPとはDemand-Side Platformの略で、デマンドサイド(広告主側)が使用する広告主の広告効果最大化を支援する広告配信ツールのことである。広告主から見ると、純広告、アドネットワークなどと並ぶ、広告をバイイングする手段の一つでもある。
なお、広告主側を支援するDSPに対して、広告枠の販売者側を支援するツールは「サプライサイドプラットフォーム」(SSP)と呼ばれる。

DSPには、予算・入稿・掲載面の管理、配信したいターゲット属性に基づいた最適な広告枠の選定、過去の成果を反映することで行われる配信条件の最適化、などの機能がある。メディアの枠単位での配信ではなく、ターゲット設定によるユーザー単位での配信が可能である。DMP(データマネジメントプラットフォーム)を併用すると、自社の有する顧客データに基づいた広告の出し分けなども可能になる。

広告主は、広告配信の準備として、配信したいターゲット・予算などの設定を行い入稿する。実際に配信される際はSSPやアドエクスチェンジと呼ばれる広告枠の売買市場でのオークション制での入札となり、最高額で入札したDSPの広告が配信される。
動画広告のDSPを選ぶ際は、入稿できる動画尺などの確認の他、モバイル配信への在庫(モバイルでの動画視聴が増加しているため)、アクセス可能なメディア枠の種類などもチェックするポイントとなる。
DSPを用いることで広告運用の手間が省けたり、精緻なターゲティングが可能になるが、DSP使用料金も加算されるため、どちらの方がより広告効果が高いか見極める必要がある。

Pocket