化学メーカーの宇部興産株式会社は、認知度アップのために若年層にターゲティングした動画制作を実施。「うべこさん」というユニークなクリエイティブが若者を中心に話題となり認知度が大幅に改善、採用活動にも効果を発揮。動画のクオリティの高さは社内外でも話題となり、社員の士気にも好影響を与えている。

プロフィール

  • ube宇部興産株式会社 経営管理室 IR広報部 主席部員 工藤康人氏
    1977年生まれ。地方紙記者、食品メーカーの宣伝担当、航空機メーカーの購買などを経て2013年に宇部興産へ。グローバルサイト、社外広報、宣伝などを担当している。

___社内で理解を得るために注意したことはありますか?

企画段階でも、演出コンテの段階でも、社内で意見を聞くというステップを丁寧に行いました。Webに関する施策は、直感的な部分で判断しなければいけない状況も多々あるのですが、アンケート調査などのデータによって、裏付けを取って説得していくという準備は時間をかける必要があると思います。

新しい施策だからといって、はじめから理解されないといったスタンスではなく、社内の意見を汲み取っていきながら、思っている方向へ道筋を立てていくということが大切かもしれません。

良質なコンテンツが社内に与えた影響

___制作中で印象に残ったことや、Viibarを活用された感想などはありますか?

様々な要望に非常にスムーズに対応してくださり、納期もきちんと守ってもらえましたので、まったく困ったことはありませんでした。途中で方針を変えても、柔軟に対応してくださったので本当に助かりました。

例えば、最初はインパクトだけを考えていたのですが、弊社の事業内容も動画に盛り込みたいという意見が出て、それをViibarさんに伝えたところ、それもきちんと対応してくださいました。

社内でもWeb動画なのにクオリティが非常に高いという声が多数寄せられています。テレビCMと比較して、かなり低コストに抑えられているのに、こんな作品が作れるのかと、皆おどろいていました。

実際に、撮影現場を拝見したときは、これだけのスタッフで本当に大丈夫なのかなという不安があったのですが、あれだけの高品質なクリエイティブが完成するのですから、やはりすごいなと思います。必要最小限のコストとマンパワーで、それぞれのワークフローが簡略化されていることがわかりました。

コミュニケーションも、オンラインツールを使って行えるのが非常に良かったです。こうした企画は、何度も会議を行うのが通常のセオリーだと思うのですが、Viibarさんのシステムでしたら、皆が多忙な中でスケジュールを調整するといった煩わしさがなく、クライアント、クリエイター、担当者それぞれが返答できる時間帯でコミュニケーションを取るということができたので、ぜんぜんストレスを感じませんでした。

会議で長時間拘束されることもないので、かえってスムーズでしたね。クライアントの希望によっては会議でコミュニケーションをとるといったスタイルにも柔軟に対応してくださるということでしたが、私は、あのやり方がすごく良かったです。

___今回の動画は、YouTube動画広告以外で活用されていますか?

人事が採用イベントで学生に見せたそうです。イベントに来てくれた学生さんも「うべこさん見ました!」といってくれる方が、かなり多かったと聞いています。

また「うべこさん」特設ランディグページを制作したのですが、動画のクオリティを見て、担当者がすごくやる気をだしてくれ、全面に背景動画を施した、かなり凝ったサイトを作ってくれました。サイトの予算は少なかったのですが、動画コンテンツが良かったので「私にやらせてください」と担当者が名乗り出てくれたのも嬉しかったですね。

behttp://ubekosan.ube-ind.co.jp/

目標値はすべて達成。認知度に関しては予想以上に上昇

___広告の費用対効果についてはいかがですか?

YouTube動画広告は、TrueView広告を約1ヶ月配信しました。Googleさんから出たデータを見ても、今まで全くリーチできていなかった若年層にきっちり届いていることがわかり、認知度もかなり向上できたので大成功でした。今年度単体で見ても結果は出たのですが、まだまだ認知度は低いので、社内でも今後も継続してやっていくように言われています。

あとは、この後の採用活動状況に、どういった影響が出るのかといったことを分析していかなければいけません。面接を受けられる学生さんに動画を見たかどうかというアンケートをとる予定です。

___事前にKPIや費用対効果に関する数値は設定されていましたか?

認知度に関しては、厳密に目標値を決めていたわけではありません。長期的にはこれくらいになったらいいなという値は当然あるのですが、単年でいうと、何か効果があったら良いかなくらいのイメージでした。

短期的な目標として採用活動はすぐ結果が見えるのでエントリー数に関しては、きちんと目標値を設定しています。人事部から動画関連で増やしたいKPIに関する数値はもらっていて、採用サイトにどれくらい訪問者数があり、採用サイトに来てもらうためには動画は何回くらい再生されたら良いかという目標値が決まっていました。


___目標値は達成されたのでしょうか?

再生回数は、リリースから最初の2週間くらいで達成しました。採用サイトの訪問数もほぼ達成でき、新卒のエントリー数においては、一部のターゲットセグメントにおいては、対昨年度比で1.4倍の応募数となりました。

認知度に関しては、動画の視聴者で3.2%→26%となり、22.8ポイントのアップとなりました。なかなかこんな上昇率を示すことはないそうなので、そういった意味でも目標は達成できたと思います。

___動画を使ったブランディング活動で、今後の方向性は決まっていますか?

何かするにしても、まず名前を知らない企業に関しては、何も知ろうとはしてくれないので、当面は、企業名を覚えてもらうことですね。

また、弊社は化学メーカーなので、製品を一般の方に理解していただくというのはなかなか難しいという課題もあります。認知度の改善がある程度進んだら、今度はそういった具体的な業務内容についても理解してもらえるコンテンツを作っていけたらと思っています。

ube

___今後挑戦してみたい動画などはありますか?

そうですね。多分、次もインパクトのある動画を作ってくれと期待されていると思いますので、プレッシャーがありますね(笑)。「うべこさん」のシリーズ化も検討していますが、それもさらに面白いものをと考えると、アイデアを練るのが大変そうです。社員の期待に答えるためにも、今後もViibarさんのお世話になると思いますので、よろしくお願いします。

※本事例は、2017年2月に実施したインタビューに基づいて作成しました。
※本事例は掲載時点のものです。

Pocket