中小企業のバックオフィス業務を変革するクラウド会計のfreee。クレドにある「マジで価値ある」マーケティングを実践するため、ユーザーに今まさに必要とされている情報を動画で発信する動画によるコンテンツマーケティングを実践。マイナンバーに関する動画はWebメディアや著名人にもとりあげられ広く話題になった。

プロフィール

  • freee株式会社
    マーケティング 岡田悠氏
    freee株式会社 マーケティング担当。2014年にfreee入社後、オンラインを中心としてマーケティング全般に携わる。趣味は年末調整。

日本の中小企業のバックオフィス業務を変革する

Viibar まず最初に、貴社のビジネスについて簡単にご説明いただけますでしょうか。

freee freeeは、中小企業のようなスモールビジネスを営む方々に向けてクラウド型のバックオフィス支援ツールを提供している会社です。スモールビジネスの方々が、本業以外に必要な仕事の時間をできるだけ削減して、本業に集中できる環境を作ろう、というのが、我々のミッションです。
現在、メインプロダクトとして経理や給与計算業務を効率化するクラウド型の業務支援ソフトを提供しており、最初のプロダクトをリリースしてからちょうど2016年3月で3年目になります。まず最初にリリースしたのはクラウド会計ソフトfreeeというもので、バックオフィス業務の中でも手間が掛かりがちな経理業務の効率化を図るものです。スモールビジネス向けなので、高い初期導入費用は頂かず、月額または年額の完全定額課金で利用可能です。また、自動でデータを取り込んだり、仕訳したり、複数アカウントを使いわけたり、といったクラウドならではの柔軟性を強みとしています。
 経理業務の仕組みを整えた後、次に着手したのは給与計算です。年末調整等を含め、給与事務、人事事務を一括してできるクラウド給与計算ソフトfreeeというサービスも立ち上げました。他にも、去年は会社設立が無料でできる会社設立freeeというサービスや、10月からマイナンバーが始まったので、マイナンバーに対応できるマイナンバー管理freeeというサービスもリリースしました。

Viibar 岡田さんの部署では、どのような業務をご担当されているのでしょうか。

freee 弊社のマーケティングチームには十数人が所属しており、大きく分けて三つのチームがあります。一つが個人事業主向けの確定申告をフックにしたマーケティングを行うチーム。もう一つが、スモールビジネスの会計を支える税理士さん向けにfreeeの事を知っていただくマーケティングを行うチーム。最後が法人向けで、スモールビジネスの方々に向けて各サービス横断のマーケティングを担当するチームです。私はこのチームに所属しています。

スモールビジネスの現場が“マジ”で知りたいことを動画にする

Viibar 先日、Viibarを活用してマイナンバーに関する動画を制作いただきましたが、「動画を制作しよう」とお考えになった背景を教えて下さい。

freee 2016年1月からマイナンバー制度が開始になり、企業も様々な対応が必要になるということで、2015年の4~5月くらいからfreeeにマイナンバー管理機能を作ろうと準備を始めました。私もサービスの要件定義から関わっていたんですが、様々な関連書類を読み込んで、調べれば調べるほどすごく難しい制度だと思ったんです(笑)。
 特に、freeeのメインユーザーであるスモールビジネス向けの情報は、世の中に殆ど用意されていませんでした。チームみんなで政府の資料を読み込んだり、色々な所に電話して聞いたりしたのですが、結局企業が何をすればいいのか分からず、「これでは誰も対応できないだろうな」と思ったんです。
 そんな時、弊社で運営している「経営ハッカー」というオウンドメディアでマイナンバー特集を連載してみたところ、ものすごいアクセスが集まったんです。「やっぱりマイナンバーには皆困っているんだな」と実感することになりました。
 その際に、マイナンバーを解説した動画がないかと調べてみたのですが、実際、役に立つようなものは見つかりませんでした。政府関連機関が用意している約15分もの解説動画などいくつか見つけたのですが、内容が難しすぎて、忙しいスモールビジネスの方々にはなかなか見ていただけないだろうと感じました。
 そこで、忙しいスモールビジネスの方々にも、マイナンバーの概要が1〜2分でパッと伝わり、「まず最低限、これだけは対応しなければいけない」ということが分かる動画コンテンツを提供したいと思ったんです。もちろん、弊社でマイナンバー管理のサービスをリリースするという事もあるので、そのサービスの解説動画は必要だと思っていました。しかし、freeeを宣伝するだけでなく、マイナンバーとは何なのか、という事を一般の方に分かるように解説したコンテンツも作る方が「マジで価値がある」と思ったんです。
当社のクレドに「マジで価値ある」っていうのがあるんです。それを社内の一番のポリシーにしていて、「マジ価値」って呼んでいます。この取り組みは「マジ価値」マーケティングの一貫でした。

〜 freeeの価値基準 〜
マジで価値ある : ユーザーにとって本質的な価値があると自信を持って言えることをする。
理想ドリブン : 理想から考える。現在のリソースやスキルにとらわれず挑戦しつづける。
アウトプット : 思考 まず、アウトプットする。そして考え、改善する。
Hack Everything : 取り組んでいることや持っているリソースの性質を深く理解する。その上で枠を超えて発想する。
あえて、共有する : 人とチームを知る。知られるように共有する。オープンにフィードバックしあうことで一緒に成長する。

その上で、説明の方法として文字だと凄く長くなる可能性が高いと考え、分かりやすさを重視した結果、動画という形を選びました。

90秒でわかる「マイナンバー制度とは?」

2分でわかる「マイナンバー、会社に必要な対応とは?」

プレスリリースに載せた動画がメディアに取り上げられて話題に

Viibar この動画はどのように利用されたのでしょうか。

freee マイナンバー管理のサービスをリリースした際に、プレスリリースに動画をつけました。

プレスリリースはこちら

2015年9~10月の時点では、実は政府関係者を除けば、会計ソフト会社がマイナンバーに一番詳しく、他に知っている人はほとんどいないという状態でした。そのため、まずはマイナンバー制度自体を知っていただかないと、サービスの必要性を世間の方にご理解いただくのは難しいと考え、そもそもマイナンバーとは、というところから説明し、その後サービスのコンセプトを説明するという2段階構えで動画を用意しました。
 またYouTubeにもアップして広く公開したり、動画広告やFacebook広告の素材としても利用しました。更に既存のユーザー向けにも、メール配信などで動画のことをお知らせしました。
 プレスリリースに載せた動画はかなり反響がありまして、TABI LABOさんを始めとした複数のニュースサイトに取り上げていただきました。

TABI LABOの記事 今さら聞けない・・・90秒でわかる「マイナンバー制度」

ガジェット通信の記事 今さら聞けない・・・90秒でわかる「マイナンバー制度」

Viibar 動画の評判はどうでしたか?

freee お客様から役に立ったという声を頂いたことはもちろん、衆議院議員の方にもTwitterでとりあげていただいて、すごく反響がありました。また、社内でも評判はよく、サポートメンバー研修の一番最初のコンテンツとしても利用しています。

衆議院議員のつぶやきはこちら

free

「マジで価値ある」と思えるなら、事前に数値化しきれなくても敢えて取り組む

Viibar 施策を実施する際、効果に関する目標はありましたか。

freee 一応YouTubeの再生数や、広告のCVRコンバージョン率などは見てはいました。ただ、今回は最初から「数字に縛られず、皆の役に立つものを作ろう」ということからはじめた施策なので、それが達成できれば良い、というか、それが出来れば他の数字もついてくると考えていました。弊社では、このような数値目標を縛りすぎず、中長期の目標や啓蒙を目的としたマーケティング施策を月に一度は行うようにしています。

Viibar 数値化が難しい施策のための予算があるのは大変珍しいですね。

freee 先ほど言及した「マジ価値」マーケティングの一貫で、数字が必ずしも見えていなくても、感覚的に自分たちが「マジで価値がある」と思えた施策は定期的にやってみる、という方針なんです。
もちろんそれだけでなく、客観的な裏付けもあります。弊社はカスタマーサポートを全て社内で行っていて、数フロアある会社の1フロアをほぼ全員サポートメンバーが占めています。毎年今頃の確定申告の時期には、50~100人くらいが常に待機しています。そこには膨大な数の問い合わせが集まっており、ユーザーが「何に困っていそうか」ということをだいたい把握できるんです。マイナンバーもそこから抽出された悩みの一つでした。こうやって発見した悩みに対して、コンテンツを出していけば確実に皆に役に立つ情報になるはず、と考えています。

クリエイターとのマッチングも、オンラインでの制作進行も大満足

Viibar これまで、freeeさんでは動画を頻繁に活用されてきたのでしょうか。

freee 実は、僕自身が動画を作るのが好きなんです。社内イベントで自分で編集して映像を作った事は度々ありますし、実はちょっとしたアニメーションも入れたりします。プロ級のものでは無いですが…。また、弊社のマーケティングには以前動画制作会社で働いていたメンバーもいまして、創業当初はPR動画を社内で作っていたこともあったんです。動画にある程度詳しい人材がいると、最初にこんな絵を作って、その後こう見せる、といった映像面の指示出しはスムーズに進みますね。

Viibar 今回はViibarクリエイターが企画段階から担当して制作しましたが、いかがでしたでしょうか。

freee 今回は制作時間が短かったのと、全体をモーショングラフィックで作ろうと思っていたので、社内でやり切れないということでViibarさんにお声掛けしました。弊社はベンチャーとして、常に新しいサービス、話題になっているサービスを活用しようという方針でやっているので、動画領域で話題になっているViibarを一回使ってみよう、となりました。

Viibar Viibarを知ったのはどういったタイミングでしょうか?

freee 何ヶ月か前に、ある動画を制作した際に色々調べていて、動画制作のクラウドソーシングというサービスがあることを知りました。何かの記事で見たのだと思います。また、社長からも「Viibarはどうなんだ?」という声もありました。

Viibar 動画制作クラウドを利用して「マイナンバー動画」を制作してみていかがでしたか。

freee まず、担当していただいたクリエイターさんがすごく良かったです。こちらの意図を的確に汲み取ってくれるので進行がとても楽で、社内でも「このクリエイターすごい!」と話題になりました。しかも、そのクリエイターさん自身が、マイナンバーについて詳しかったんです。いつもは、今回の2倍くらいやり取りしないと意図が制作側に伝わらないことを考えると、とても良いクリエイターと出会えました。

Viibar 担当クリエイターさんは分かりにくい説明アニメーション動画の制作経験が豊富で、行政のアニメーションも作っていたりするので、そういった制度に詳しいようです。一方で、その方は北海道を拠点に活動されていて、今回クリエイターと一度も顔を合わせずに制作進行しましたが、これに不安は無かったですか?

freee 我々のサービスもクラウドなので、そういった進め方には慣れています。テレビ会議もよく使います。今回遠隔のクリエイターさんだったことで、逆に打ち合わせのコストがかからず、楽だったとすら感じています。Viibarのオンライン制作ルームでやりとりは全て完結できましたし、とても使いやすかったです。動画のプレビューを見て直接書き込めたり、ファイルを一元的にやり取りとしたり、別途アップロードしなくても、動画プレビューを他の人にURL共有できたり、制作を楽にする工夫が沢山ありましたね。

free

5行以上の文章は全て動画にしたい

Viibar 今後の動画マーケティング戦略についてお聞かせください。

freee 短尺で分かりやすい動画や、音声無しの動きだけでわかる動画など、動画は今後もいろいろと挑戦してみたいと思っています。経理に馴染みの薄い方はまだまだ多いので、こうした難しいことをコンテンツとして発信するには、動画がむいていると思っています。
また、freeeのユーザー向けにサービスの操作性を説明する動画、初めての方に向けた利用ガイドなども作ってみたいと思っています。最終的にはサイト上の「テキストで説明すると5行以上になってしまう情報」は、すべて動画にできないか、とすら思っています。
 当社のサービスは、営業時に実画面を見せて紹介出来れば、ご納得いただける確率が上がるんです。経理業務は、帳簿を見て打ち込むだけでなく、例えば請求書を発行したり、売掛金の管理をしたり、キャッシュフローを見たり、振り込みしたり、という関連業務がたくさんあります。通常はそれぞれの業務は分断されているのですが、freeeであれば一連の流れとして行える。これがfreeeの大きな強みなんです。画面で実際の動きが見られると、「あ、そんなことできるんだ!」と、流れをご理解いただける。
一方で、営業に伺う前段階であるWebサイトの訪問者に対して、文字や画像だけでプロダクトの良さを理解していただくのはすごく難しいんです。このイメージしにくさという問題を解決する鍵の一つが、動画じゃないかということで、今後更に力を入れていきたい、と思っています。

Viibar この度は貴重なインタビューのお時間をありがとうございました。

Pocket